お見合いパーティーに参加してみて、、、

私は10代の頃から自分で言うのもあれですが、地味目の俗に言う『目立たないタイプ』の人間でした。それは中学、高校、大学になっても変わらず目立たない状況でした。そんな目立たない人間に彼女ができるはずもなく、いつも女性に告白しては振られての繰り返しで、いつしか彼女を作る事だけではなく、女性と話す事も億劫になってしまいました。

社会人になると看護師という職業上女性と関わる機会が増えて、「○○君はこうしたほうがよいよ」とアドバイスをもらったりして徐々に目立たない人間から普通の人間へと変化していきました。そんな時に職場の先輩から「おい、○○くん、お見合いパーティーでも行ってみない?」と誘われました。その当時その先輩は36歳で先輩もおんなっけのない人でした。

お見合いパーティーというものがその時はあまりイメージができず参加しようか迷っていたのですが、ここでぐずぐずしていてもどうしょうもないこと、先輩も一緒に行くのであれば非常に心強いと感じたため、参加を了承しました。お見合いパーティーまでに2週間ほど時間があったのですが、職場の女性陣に参加の旨を伝えてそんな格好がよいか、どんなトークをすればよいのかのアドバイスを求めました。そして2週間後。場所は横浜のホテルの1室を借り切ってのパーティーでした。女性陣は地味目の人から派手目の人まで様々なタイプの方がおり、総勢20名ほどでした。まずは各テーブルに分かれて自己紹介タイムを行うのですが、そこで気づいた事は意外と看護師率が高いという事でした。

事前に職場の女性陣からも意外と看護師が多いのではないかと情報を得ていたため自分としてはかなり有利に進めることができました。何より話すきっかけが「僕も看護師なんですよ」と言うだけですから、そこからの話も必然と盛り上がりました。そんな中で1人の20代後半の女性とカップルになる事ができたのですが、パーティーが終わってからも居酒屋へ行ったりと楽しい夜が過ごせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です